女の人達

心のバランスを保つ|自律神経失調症の治療に役立つ情報

効果と摂取方法

レディ

脂質の酸化防止と分解

サポニンには、抗酸化作用があるため、摂取すると体内の様々な成分の酸化が防がれやすくなります。摂取したサポニンは、吸収されて血液に溶け込むので、酸化を防ぐ効果は、主に血液中の成分にもたらされます。特に脂質が酸化しにくくなるので、サポニンは動脈硬化や高血圧を防ぐためによく摂取されています。動脈硬化も高血圧も、血液中の脂質が酸化により固まり、血管内にこびりつくことが原因となっているからです。また、サポニンには脂質を分解する作用もあります。そのため摂取すれば、酸化した脂質によって固まった血液がサラサラとした状態に戻り、流れやすくなります。つまりサポニンには、動脈硬化や高血圧を改善する効果もあると言えるのです。

サプリメントで適量を摂取

サポニンは、ゴボウや高麗人参といった植物の根や大豆に多く含まれています。これらは古くから漢方薬の原料とされていましたが、それはサポニンが含まれているからなのです。現在でも、これらを乾燥させた上で煎じたお茶が、健康茶として多くの人に飲まれています。もちろんゴボウや大豆そのものを食べた場合も、サポニンを摂取することができます。しかし産地や栽培年数によって、含まれているサポニンの量が異なっているため、食事の場合は摂取量が不安定になりがちです。摂取量が不足すると、十分な効果が期待できませんし、過剰摂取をすると、細胞膜の形成に必要となる脂質まで分解されることがあります。そのため昨今では、適量を摂取できるサプリメントを利用する人が増えています。